プログラミングとかブログ

Unity/C#/SRPGStudio/RPGツクールMVの情報とかその他気になったことを調べて書きます。

RPGツクールMV

【RPGツクールMV】ゲーム中の文章データをすべて取得して書き出すプラグイン

この記事は、RPGツクールMV Advent Calendar 2016の10日目の記事です。 www.adventar.orgツクールに勢いで書いた文章をまとめたいときがあったので作りました。ダウンロードはこちら 使い方 プラグインを突っ込んでONにしたら後はゲーム起動の度にindex.html…

【RPGツクールMV】所持ゴールド表示ウインドウを消すプラグイン

メニューとショップから所持ゴールド表示のウインドウが消えます。ダウンロードはこちら。 使用前・使用後

【RPGツクールMV】移動ルートの設定を使ったイベントの画像変更方法

前に画像変更ができないという記事を書いたのですが、移動ルートの設定イベントコマンドでできました。 shirakamisauto.hatenablog.com やり方 移動ルートの設定イベントコマンドを開きます。 画像を変えたいイベントを指定します。 画像の変更を選択し、変…

【RPGツクールMV】パーティの誰かが特定ステートのとき逃げるコマンドを封印するプラグイン

用途は自分が戦闘で逃げられなくする技を作ることです。 敵を逃げられなくするには「逃げる」スキルをスキル封印で封じればできます。ダウンロードはこちら 使い方 逃走不可用のステートを作ります。 プラグインのstateNoに上記ステートの番号を指定します。…

【RPGツクールMV】バトル中の逃げるコマンドで100%逃げられるプラグイン

ダウンロード細かく調整する場合は「ツクールMV 逃げる 確率 プラグイン」とかでググれば別の人のが出ると思います。

【RPGツクールMV】全ての地形を移動できるプラグイン

デバッグ用に作りました。ダウンロード例: テスト中に崖とか川とかいちいち迂回するのめんどい

【RPGツクールMV】HP、MP、レベルを非表示にして消すプラグイン

※2016/9/15 レベル表示を消すと経験値表示も消えるように変更。記事も修正ダウンロードHP、MP、レベルと経験値表示をそれぞれ個別に消せます。 表示が消えるだけで内部処理は行われてるので注意。以下のようになります。 もうどっかにありそうなんですけどね…

【RPGツクールMV】キャラクター生成で作ったキャラをアクターで使う方法

キャラクター生成をしたあと、顔グラフィック・歩行キャラ・倒れキャラ・戦闘キャラの項目をクリックし、それぞれをエクスポート(保存)します。 例として歩行キャラでやります。 エクスポートをクリックして保存します。 あとはアクター画面で画像をエクス…

【RPGツクールMV】F5リロードを無効にするスクリプト

F5キーによるリロードを無効にします。 下記リンクを右クリック保存してください。 http://www.geocities.jp/whitepapersort/NoF5Reload.js

【RPGツクールMV】戦闘画面のコマンドを追加する方法

データベースのタイプのスキルタイプを新しく作ります。 「特殊攻撃」を追加しました。 職業やアクターの特徴に冒頭で作ったスキルタイプを指定します。 スキルを追加する場合、スキルのスキルタイプを冒頭で作ったスキルタイプにします。 職業やアクターの…

【RPGツクールMV】ビッグモンスターの向きに関する注意

ビッグモンスターをイベント画像に指定した状態で、4方向から接触すると同じ画像シートの別のビッグモンスターの画像になってしまいます。 これはビッグモンスターに正面向きの画像しかないためと思われます。 通常のキャラは以下のようにキャラドットを縦に…

【RPGツクールMV】イベントの画像変更方法

出現条件を使って画像を変えた2ページ以降に飛ばせばできます。 てっきりコマンドがあると思ったんですが無いんですね。以下は例としてセルフスイッチを使います。別にスイッチでもアイテムでもいいです。 まず話しかけたときにセルフスイッチAをONにします…

【RPGツクールMV】戦闘中の攻撃・防御コマンドを封印する方法

攻撃・防御コマンドはスキル扱いです。 スキル1番が攻撃、スキル2番が防御になっています。 そこで、この2つのスキルを使えなくする「封印」ステートを新しく作ります。 あとはイベントコマンドなりアイテムなりでこのステートを付加すればOKです。 動作例(…

【RPGツクールMV】バトル画面の「アイテム」コマンドを削除するスクリプト

バトル画面の「アイテム」コマンドを削除するスクリプトを作りました。 DLは以下のリンク先を保存してください。 こちら動作例: